【カクブツ】ぷよラブFANたすてぃっくかなで【85点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

2020年3月1日

瑞々しい笑顔あふれるぽちゃカワガールとの濃厚プレイでファンタスティックな時間を!

【概要】

今回は川越・所沢エリアにある、ぽちゃカワ娘との恋人感覚が味わえるという、巨乳・素人・ぽっちゃり娘専門店「ぷよラブFANたすてぃっく」を調査させていただきました。

今回お相手していただいたのは、本指名ランキングに名を連ねる(調査時点)ぽちゃカワガールの『かなで(20歳)』さんです。

お会いした際の第一印象は、まず笑顔が可愛い!というものでした。『かなで』さんは会った瞬間から若さ溢れる可愛らしい笑顔で積極的に話かけてくれ、少し緊張気味な小生を和ませてくれました。

そして、『かなで』さんは可愛だけではなく、ベッドでは相当なテクニックの持ち主であり、受けに周っても非常に敏感で可愛らしい声で喘ぐ姿はお会いした際の可愛い女の子の印象とは全く異なり、大変エロいものでした。

また、ホスピタリティにも優れ、店名の通り正にファンタスティックな女の子でした。

 

【女の子について】

●ルックス:★★★☆☆

どこにでもいる普通の可愛らしい素人感満載の子で、キャピキャピした雰囲気は「きゃりーぱみゅぱみゅ」のような大変瑞々しくて可愛らしいものでした。

長い髪は明るめの色ですが、良く似合っており全く嫌みがありません。目鼻立ちも整っていて、綺麗な顔立ちをしていました。

 

●スタイル:★★☆☆☆

T162・B95(F)・W62・H93で当店のボリューム表記では★2つ(ふわふわガール)ですが、実際は★3つ(ぽちゃガール)くらいの印象でした。

胸はFカップ表記の通り大変ボリュームがあり、たわわに実った果実のように瑞々しく、巨乳好きでなくても生唾が出てしまいそうな形・色・艶をしていました。

そして、特筆すべきは若々しさを表現しているかのような、彼女のスベスベした綺麗な肌で、『かなで』さん曰く、夏の終わり頃からクリームを塗ったりして手入れをしているそうで、美意識の高さはなかなかのものです。

 

●接客姿勢:★★★★☆

終始笑顔で愛嬌もあり、かつイチャイチャ感もありました。

プレイも大変積極的で、キスが大好きで隙あらば濃厚なキスをせがんできます。

脱衣アシストあり、タオルドライも最後までなどホスピタリティもありました。

総じて彼女の接客には温かさが感じられ、「絶対にまた来たい」と思わせるような魅力を感じることができました。

 

●テクニック:★★★★☆

フェラは全く手を使わないスタイルで、口の中で舌が縦横無尽に動いており、大変気持ち良いもので序盤用・中盤用・終盤用と3段階の使い分けができており、徐々に射精へと向かわせるテックニックを持っています。

フェラの間も空いている手で乳首を刺激したり、玉を刺激したりと相乗効果を狙ったテクニックも見せてくれました。

 

【お店について】

●コンセプト:素人・ロリ・巨乳・爆乳・OL・女子大生と様々なタイプのぽちゃカワな女の子が在籍しており、80分以上のコースでは有料オプションが最低1個ついてくるなど、エリア最強のコストパフォーマンスを実現したデリバリーヘルス店です。

 

●店舗システム:料金はプレイ時間によって変動するタイプで、以下の通りとなっております。

60分: 9,000円 (所沢限定)

80分:12,000円

100分:15,000円

120分:18,000円

180分:27,000円

その他、3P・逆3Pコース、ホテル代込みのプランもあり。

・指名料は写真指名 1,000円、本指名2,000円。

・交通費1,000円~

・有料オプション500円~

なお、上記料金には別途消費税がかかります。

 

●店員さん:電話予約時、事前確認ともに特に違和感なく進行できました。電話受付の店員さんも物腰が非常に柔らかく、丁寧な接客を心掛けている様子が伺え、当店を初めて利用するユーザさんにとっても安心して利用することができると感じました。

ただ残念なのは、80分以上の申し込みで無料でついてくるはずのオプションについては店員さんから提案が特になく、自己申告制になってしまっていることでした。

たかが有料オプション1つかもしれませんが、最強のコストパフォーマンスを実現するための大切な要素の一つであり、この点は是非改善していただきたいと思います。

 

【CP値について】

今回のCP値は85としました。

『かなで』さんが醸し出す素人感、むっちり感、および体型をフルに生かしたプレイの数々は当店のコンセプトにマッチしています。

加えて、若いにもかかわらず、ホスピタリティ溢れる心地よい接客姿勢は特筆すべき事項です。

更にそれだけではなく、しっかりとしたテクニックも持っており、そのバリエーションの豊富さは小生も舌を巻くほどでした。

そんな彼女ですが、ごっくんやAFなどのハードなプレイは苦手なようで、コアユーザの方には向いていませんが、未だポチャ店を利用したことが無いユーザさんやライトユーザさんにとっては大変満足できる女の子だと思います。

指定ホテル限定ですが、今回の内容でホテル込みのプラン80分で2万円でおつりがくると考えると、さすが地域最強のコストパフォーマンスを自負するだけのことはあると感じました。

 

★こんな方にオススメ

・濃厚なキスが大好きな方

・可愛らしい素人風な女の子が好きな方

・ポチャでもルックスを重視する方

・ポチャ店初心者の方

 

★こんな方にはオススメしません

・大人の雰囲気を求める方

・母性を求める方

・コアなプレイを楽しみたい方

 

★プレイデータ

お相手女性:かなで

プレイ時間:80分

プレイ料金:総額18,700円 (プレイ代12,000円 + 指名料1,000円 + 交通費1,000 + ホテコミ3,000円 + 消費税)

備考:喫煙なし、タトゥー・ピアス無し

 

【プレイ詳細】

<入室〜シャワー:プレイ前の準備>

今回の調査はホテル代込みのプラン利用で、ホテル前での待ち合わせとなりました。ホテル到着後店舗へ架電、ほどなくして本日のお相手『かなで』さんが到着。そこには満面の笑みを浮かべた、ぽちゃカワガールが立っていました。今風の若い女の子が好むカジュアルな服装で、溢れんばかりの瑞々しさを身にまとっていた彼女は正にファンタスティックな女の子という印象でした。

部屋へ入り、所定の手続き完了後、すかさず彼女は小生にピッタリとくっついて、まるで年上男性に甘えるような表情でこちらを見ながら話しかけてくれました。彼女との会話は非常に心地よく、ずっとこのまま話をしながら笑っていたいと思えるような時間でした。

ほどなくして、彼女からシャワーへのお誘いがあり、彼女からの脱衣アシストのもとお互い裸になります。

シャワーでは、身体の隅々まで丁寧に洗体していただき、タオルドライも彼女の助けを借りました。

 

<プレイ序盤:キス・乳首舐め・フェラ>

まずは、『かなで』さんから攻めてもらいます。「ちゅー好き?」と『かなで』さん。こんなにも可愛らしい顔で聞かれたら「嫌い」なんて答える人はいません。スタートから『かなで』さんの濃厚なDKのプレゼント。キスが好きな女の子に悪い子はいないといわれる通り、それを証明してくれる『かなで』さん。

「乳首感じる?」と今度は濃厚な乳首舐め。ぷにぷにとした唇と、柔らかい舌のお陰で男性も乳首が立つのだと改めて認識させられるくらい濃厚で気持ちの良いものでした。悶絶している小生の様子を上目使いで笑いながら見ているイタズラ好きの『かなで』さん。

今度はフェラをしてもらいますが、いきなり本丸を攻めることはなく、まずは玉舐めから入ります。実は小生は玉舐めでは少しばかり痛みを感じることも多く、あまり得意ではないのですが、『かなで』さんの玉舐めはとても優しく、小生の敏感な睾丸にはぴったりでした。

本丸へのフェラは、全く手を使わないスタイルで、口の中で舌が縦横無尽に動いており、ストロークも深く大変気持ち良いものでした。

 

<プレイ中盤:クンニ>

『かなで』さんの可愛らしいフェラ顔を見ているうちに、彼女の受けの反応が見てみたくなり、攻守交代を提案します。

まずは、キスを仕掛けてみますと、「ちゅー、いいよね。ちゅーするの大好き!」と言いながら嬉しそうに応えてくれます。最初はフレンチ気味で、徐々にDKに持っていこうかと思っていたのですが、すぐに彼女の方から舌を出して濃厚なDKに発展しました。

乳首を軽くフェザータッチして優しく攻めると、はやくも身を若干よじりながら「アーン」と可愛らしい声が漏れていました。

肩甲骨付近、腕、乳房、お腹の全てが感じるらしく、どこを攻めても一様に感じている様子。

すかさずアソコに手を伸ばすと、既に適度な湿り気になっており、クリを優しく触ると早くも「イっちゃいそう」と『かなで』さん。

ならばと、クリを舐めながら指を1本挿入するとスルっと軽く入ってしまいました。『かなで』さんはクリが大変弱いと見えて、ひと舐めするたびに身体がビクンと反応します。

挿入している指を2本に増やし、クンニと併用して攻めていると、『かなで』さんの喘ぎ声が徐々に大きくなり、やがて激しく腰を浮かせながらイッてしまいました。

「気持ちよかった!ありがとう。」と嬉しい言葉をかけてくれた『かなで』さん。

 

<プレイ終盤:パイズリ・素股・69・フィニッシュ>

再び『かなで』さんに身を委ねますと、「パイズリは好き?」と。最近パイズリに目覚めてしまった小生にとっては願ったり叶ったりの展開で、断る理由などありません。『かなで』さんは小生のお尻を太腿の上に乗せると、少しだけ唾を垂らし、パイズリを始めました。彼女のツルツルとしたおっぱい肌は全くのローションいらずで、まるで女性の膣の中のような天にも昇る感触で危うく暴発するのではないかとヒヤヒヤしたことは『かなで』さんには内緒です。

すると、今度は『かなで』さんから素股の提案。たっぷりとローションを塗ってもらい、正常位の態勢でアソコを擦りつけますと、『かなで』さんの肉厚のアソコが小生の愚息にフィットし、密着度を高めながら腰を振ると得も言われぬ快感が押し寄せてきます。『かなで』さんの頬は既にリンゴ色の染まっており、恥ずかしいながらも素で感じている様子が伺えます。素股の最中も勿論彼女からキスのおねだり。

最後は69の態勢にてお互い同時に気持ち良くなったあと、彼女の仕上げのフェラを堪能。口の中でゴクゴクと音を立てて気持ち良くイカせようとする『かなで』さん。彼女のストロークのペースが徐々に上がり、ぽちゃカワな彼女のフェラ顔を見ているうちに我慢の限界を超え、『かなで』さんの口の中に大量フィニッシュ。

 

<事後>

プレイ終了後はニコニコ顔でこちら優先の後処理を行ってくれました。

事後のシャワーからタオルドライまで彼女の完全アシストで進行し、最後まで至れり尽くせりの対応に脱帽です。

今回お相手していただきました『かなで』さん、本当にありがとうございました。